私たちは博物館のために日本語翻訳ボランティアを募集しています。 興味のある方は下記にご連絡ください。

IDO TRADING Co.,Ltd. (井戸) , Tel. 090-2693-6958 , Fax. 011-351-1610 , Mail: ido@ido-trading.com

Title-Ja

世界中からのお客様

チェルノブイリ博物館は人類の過去と未来について考えを深める場所であり、様々な年齢、民族、宗教の人々にとっての追悼の場、そして希望と救いの場であると世界に認識されています。チェルノブイリの犠牲者を忘れないために、また、ウクライナだけでなく世界を救った事故処理作業員たちを讃えるだけでなく、犠牲者に支援の手を差し伸べた国々に感謝の気持ちを表すために世界中から人々が訪れています。

博物館ではこれまで95か国から100万人以上の人々を受け入れてきました。その中には、各国首脳や政府関係者、国際機関、政治家、作家、科学者、芸術家などの著名人も含まれています。ここでは国立チェルノブイリ博物館を訪れた各国のお客様を紹介しています。

 

2011

un19.04.2011

Ms. Soon Taek Ban (spouse of UN Secretary General Ban Hi Moon), Ms. Rikarda Riger (Headof UNDP inUkraine)

 

20.04.2011

Ms. Elizabeth Dypuo Peters (Minister of Energy of the Republic of South Africa), Mr. Andris Fenter (Ambassador of the Republic of South Africa in Ukraine)

jp-flag

05.09.2011

Mr. Takahiro Yokomichi (Speaker of the House of Representatives of Japan)

2010

Red Cross and Red Crescent Societies19.10.2010

Mr. Tadateru Konoe (President of the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies)

2006

jp-flag

01.07.2006

Mr. Taro Aso (Minister of Foreign Affairs of Japan, 24.09.2008-16.09.2009 – 92nd Prime Minister of Japan)

2004

18.09.2004

Mr. Paulo Coellio (Brazilian writer and poet)

2002

un

03.06.2002

Mr. Kofy Annan (The seventh UN Secretary-General,1997-2006)